古来から日本の住宅は、夏涼しくするために風通しの良いつくりになっていました。
      近代では、隙間風をなくすために気密の高い住宅が作られてきました。
      年中、室内に湿気が充満し、過剰の水分が建物の構造体、開口部のガラス等に付着、浸透・腐食し
      
建物の寿命を短くし、耐震強度も弱くなり危険の原因となります。
       オ-パスの独自の「ダブル断熱システム」は超寿命の住宅を実現することが可能になりました。
      
 「外断熱システム」では建物を外側から覆う断熱材フォルテを採用し、
        
「内断熱システムセルロ-スファイバ-の中でも厳選されたファイバ-エ-ス
        を使用することによって断熱性能が高くなり、内部結露を抑制でき、室内の湿気をコントロ-ル
        でき
室内を快適な住まいを創りあげました。 

 
             


               
 
        内断熱材「ファイバーエース(セルロースファイバー)」と外断熱システム「フォルテ」を合わせた理想的な
      断熱工法です。ダブル断熱は、国土交通省の認定を受けている工法なので安全・安心。
      ダブルの断熱効果で、階段や吹き抜けのある大空間を楽しみながら、快適な室内環境を実現。
      冷暖房費削減など省エネ効果も期待できます。
      また、ダブル断熱は、室内の快適性を実現するだけでなく、建物を湿気から守り、経年劣化を抑制し、
      建物の寿命を延ばします。永い間、安心して健康に住める家を造るには、構造体の外側に断熱材を設置

      
する外断熱工法を施工し、さらに壁内にも断熱材を施工するダブル断熱を行うのが理想的なのです

 
 
     
  結露知らずの家を実現するために求めていた魔法の断熱材が   結露防止について
  セルロ-スファイバ-のファイバ-エ-スなのです。   ファイバ-エ-スの特徴
  快適な生活が実現・さらに省エネができるのです。  省エネの話
     
     
 
 
                                

 
                           
                                住まいの提案館

 
                     COPYRIGHT(C)2017 ASSET HOMES ALL RIGHTS RESERVED