ダブル断熱【外断熱-フォルテウォ-ル と 内断熱セルロ-スファイバ-】は、木造住宅の大敵 
        『結露』 をを防止し 家の寿命を伸ばします。
        木材にとって過剰な水分は、木を腐らせ、シロアリやカビの発生を促進し、住まいの大切な柱などの
        構造部分をむしばんでいく原因となります。日本は、夏に湿度が高い(空気中の水分量が多い)。
        また、冬は加湿や結露により水分が充満しています。さらに最近では、技術の発展により住まいの
        気密が高くなり、夏でも結露が発生しやすくなりました。
        結露は室内と室外の温度差によって発生するので、断熱が十分にされていないと水分は過剰なまま
        室内と壁内に残り、家の寿命を短くする原因を呼び寄せるのです。
        その点 ダブル断熱は、セルロ-スファイバ-(ファイバ-エ-ス)とフォルテウォ-ルによるダブルの
        断熱効果で、室内外の温度差を少なくし、結露を置きにくくすることができます。
                       

                                                          

                                  ダブル断熱8つのポイント

               

 
                                      
                         
                                  住まいの提案館


                        COPYRIGHT(C)2011 ASSET HOMES ALL RIGHTS RESERVED