ファイバ-エ-ス(セルロ-スファイバ-)の特徴  
 
これからの住宅資材は、地球環境に優しくなくてはなりません。
ファイバーエース(セルロースファイバー)は古新聞をリサイクル
したもの。製造過程でも、一般的な内断熱材であるグラスウール
を製造するよりも格段に少ないエネルギーで製造することができ
ます。

ファイバーエース(セルロースファイバー)は、地球の将来を考え
エコロジーな断熱材なのです。

また、アメリカでの
セルロースファイバーのシェアは、グラスウール
を抜いて
普及率トップとなっています。
    

 
 
    【調湿効果】
    ファイバーエースには湿気を吸収し放出する性能があるので、
    内部結露から家を守り、長持ちする住宅を作り上げます。
    また一般的なグラスウールなどの内断熱材を使用した場合、
    壁内で結露が発生し、汚れやカビの原因となるだけではなく、
    住宅の寿命を短くしてしまいます。

    
【防虫効果】
    ゴキブリ(ホウ酸)団子でお馴染みのホウ酸に似た成分(ホウ素
    系素材)が含まれているので防虫(殺菌)効果があります。
    ゴキブリはもちろん、カビ、ダニ、虫類、ねずみ等を寄せ付け
    ません。
    また、眼科での殺菌洗眼にも使用されることからわかるように、
    安全性は保障されています。

    
【防音効果】
    音を吸収するたくさんの小さい穴(多孔性)を持つファイバー
    エース(セルロースファイバー)は、車の音や話し声などの騒音
    をやわらげます。また、高密度に充填することにより、音を伝
    える役割を果たす空気が少なくなるので、さらに騒音を少なく
    することができます。その防音効果はアメリカでは空港周辺の
    防音材として使用されるほどです。

   
   【難燃性】
    ファイバーエース(セルロースファイバー)は新聞紙でできている
    ので燃えるのではないかと思われますが、ホウ素系素材という
    成分が22%入っているため、難燃性があります。ホウ素系薬剤
    はものに吸着すると一瞬にして相手から水分(正しくはマイナス
    イオン)を奪う性質があり、乾いた相手(この場合は新聞紙)は
    すぐ燃えます。表面だけ燃えると、今度はホウ酸がまた水を相手
    に戻す性質があるため、それ以上燃え広がりません(燃焼・延焼
    防止)。

    ※ 国に認められた確かな工法ですので火災保険料が割引に
      なります
 



 
                                      

 
                             
                                 住まいの提案館