涼活・省エネリフォ-ムフェア


           



         ■ 家族の健康を考えるには 暮らしの生活の場である住まいが重要です。 

       15年前はシックハウスが社会問題として取り上げてきましたが建材メ-カ-、建築会社、工務店等が断熱の意識が変わり
       2003年には住宅の化学物質を規制する建築基準法が改正され最近は、情報が行きわたり一般の住まいに改善されるよう
       なりました。

         しかし、今度は、夏は暑く大量の汗をかくなどとうとう皮膚炎など発症するなど、又冬場は極端に寒く風邪やインフルエンザ
       にかかりやすくなるなど発生することになり また 本来、家は人命を守るためのものでなければなりません。住宅が健康を損
       ねるようになってはならないと思います。
       外壁、床、内壁断熱、引戸交換等断熱改修が必要ですが、熱損失が大きな窓工事を行うことで改善できます。工事費用が少な
       く工事時間が短くすむ内窓が気密と断熱、結露を減らし,温熱環境が改善することで特に高血圧症の方 心疾患、脳血管疾患
       など循環器疾患が少なくなる等発症率が改善され、省エネにもなります。
       

   


                                                
                                   COPYRIGHT(C)2017 ASSET HOMES ALL RIGHTS RESERVED